滋賀県といえば琵琶湖

滋賀県といえば琵琶湖

滋賀県は、日本のほぼ中心に位置しています。面積は1407.36平方メートル。古くは、近江国といわれていました。四方を山に囲まれた、内陸の県です。滋賀県は交通の便もよく、日本と世界との通信ネットワークや、太平洋と日本海を繋ぐ上での重要な役割を担っています。天候は、比較的穏やかで、県の人口は、1,406,580人となっています。

この滋賀県に、日本最大の湖「琵琶湖」があります。琵琶湖は、美しく大きな湖として有名ですが、それだけでなく、地元経済にも大きく貢献しています。琵琶湖では、淡水魚の漁獲量が豊富で、周辺では、米の栽培も行われています。また、畜産業も栄えています。繊維、化学、医薬品などの製造業、機械工業も発展しつつあります。近年、環境、医療・健康などの新しい分野での事業への参入も検討され始め、琵琶湖周辺産業のグローバル化が目指されています。

琵琶湖は、滋賀県のシンボルとなっていて、その付近では農業や漁業、畜産業など様々な産業が発達しています。日本一大きな湖である琵琶湖は、その面積670平方メートル、滋賀県総面積の6分の1に相当します。滋賀県の代名詞でもある琵琶湖。滋賀県を語るにおいて、琵琶湖は欠かすことのできないものとなっています。

滋賀県といえば琵琶湖

琵琶湖を中心とした滋賀県の4つの区分

滋賀県の各都市は、どれも琵琶湖と密接に関係しています。

地元民が誇る場所、滋賀県の魅力について

滋賀県の住民は、滋賀県のことを大変誇りに思っています。

「滋賀県」といえば、多くの人は琵琶湖を連想します。